Bloger yuruyaku

Amazon薬局 アメリカで失敗、日本に来るのはまだ遠く脅威ではない

Amazonが薬局進出するというニュースが2020年11月に報道され、日本の薬局業界はかなりざわつきました。

なにしろ、あのAmazonが本気になったら日本の薬局の需要も取られてしまうのではないか。

通販において、日本の小売業のシェアを奪いつつあるAmazonだし、本屋さんはほぼ駆逐されてしまいました。

Amazon、成長力はまさにアメリカそのもの・・・

 

でも、今回は、Amazon薬局の存在はそれ程脅威ではないというお話です。

 

Amazon薬局が失敗する理由

病院薬剤師
Amazon薬局が失敗する4つの理由
  1. アメリカの処方薬で、ネット通販比率は、10%にも満たない。
  2. Amazon薬局は、届くのに2日程度かかる。
  3. 安くない
  4. コントロールドドラッグ(一部の規制薬物)は販売できない。

 

意外なことに、アメリカでも、処方箋薬のネット通販のシェアは少ないのです。

Amazonは、消費者から支持されて、業績を拡大し続けてきた企業であることは言うまでもありません。

急増

そして消費者が通常のネット通販でAmazonを選ぶためには

  • 安い
  • すぐ届く

これが必須です。

日本でもアメリカでも同じだと思います。

しかしAmazon薬局は、この2つの価値を提供できていません。

Amazon薬局は、安くもなく、早くもない。

安くもなく、すぐ届かないアマゾンは本国アメリカでも、処方箋の価格競争に勝てる見込みはないといわれています。

なぜAmazon薬局は、アメリカでも価格競争に勝てないのか。

それは、次に説明する、【グッドアールエックス】の存在を知れば、処方箋薬のネット通販は難しいことが分かります。

 

アメリカの処方箋受付アプリ グッドアールエックス

 

グッドアールエックスのCM

 

https://www.youtube.com/watch?v=9qkXs768JKY

病院帰りにグッドアールエックスアプリを起動すると、帰り道までにどこの薬局が一番安いか検索できます。

そしてクーポンも出ます。

アメリカでは処方箋の価格競争は当たり前。

価格競争では、規模の大きいAmazonが有利と考えられますが、実際は違います。

アメリカでは薬局でもいわば特売のようなものがあります。

いつも”やや安いAmazon薬局”よりも、その日だけ爆安の薬局というものも存在します。

それを、病院から自宅までの帰り道で探せるアプリが大人気です。

そのアプリが、グッドアールエックス

 

グッドアールエックスと、特売をやる薬局の存在で、Amazonの

  • 安い

というはメリットは完全否定されます。

しかも、配送が早いという通販でのメリットもここでは生かせません。

 

Amazonの薬局進出で既存の薬局は危ういと思われたが、冷静に考えると間違い

  VS  グッドアールエックス

 

アメリカにおいて、Amazonの薬局進出が既存の薬局の脅威とならないということを示したものがこちらです。

先ほどのグッドアールエックスの株価です。

GDRX株価チャート

これは、Amazonにシェアを取られることが考えられた、薬局価格比較アプリ【グッドアールエックス】の株価の推移です。

Amazonの薬局進出の発表があった際に、一時急落しました。(赤矢印)

皆、Amazonが既存薬局に脅威を覚えたことでしょう。

しかし、冷静になって分析すると、Amazon薬局は脅威でも何でもないことが分かります。

株価は急激に回復しました。(青矢印)

Amazon薬局が、いかに本国でも苦戦を強いられるかが分かると思います。

 

  1. 処方箋におけるネット販売の比率は10%も満たない。
  2. Amazon薬局は、すぐに届けることはできない。
  3. 価格競争においても、グッドアールエックスが最安価格の薬局を案内するためAmazonは不利
  4. 一部の規制薬品は販売できない。

 

アメリカにおいても、Amazon薬局の勝算は薄いといえます。

 

日本におけるオンライン薬局は、様々な規制が入ることが想定される

ピンチ

Amazon薬局は、本国アメリカでも苦戦を強いられます。

そのうえで、日本に進出した場合はどうなるでしょうか。

ここからは推測の域ですが、

  • 規制薬物は販売できない:向精神薬や麻薬などは規制される可能性が高い
  • 価格競争ができない
  • アメリカでも2日もかかるため、即日配送もできないことが考えられる

などなど、様々な課題に阻まれることは容易に想像できます。

 

Amazon薬局は当面先だが、需要があることは確か。既存薬局は両立しうる価値を考える時期

比較

Amazon薬局のようなサービスにより、日本の薬局が駆逐されてしまうような事態はしばらくは起こりそうにないことはお判りいただけたと思います。

しかしながら、薬局に行かなくても薬が届くというメリットは患者さんの立場に立って考えれば需要があるのは明らかです。

  • オンライン服薬指導
  • 薬局における薬の配達サービス
    (ローソンではOTCをウーバーイーツで届けるサービスを開始していることもヒントだと思います)

ローソン OTCをウーバーイーツで配達

このような仕組みを、地域包括ケアシステムの中に位置づけて進めていくことなどが今後の患者本位の薬局として求められることだと思います。

ここからはついでに・・・

いち薬局薬剤師にすぎない私が、視野を広げるきっかけ。米国株投資

米国株

薬剤師として仕事をしていると、薬物の作用機序や、医薬分業の問題点など偏った?テーマに縛られた思考になってしまいます。

もちろん、薬剤師としての研鑽は必須としても、広く視野を広げる脳トレとして、米国株投資を通じて世界情勢にも興味を持つことも良いのかなと思います。

今回の記事も、Amazon薬局進出により、グッドアールエックスの株価が一旦暴落

その後、グッドアールエックスの株価が復活したことに端を発して調べ始めたことから着想を得ました。

日本で急成長したドラッグストアもアメリカ発端のビジネスモデルです。

そして意外かもしれませんがアメリカ株は、思ったよりも小額から購入することができます。

(1株から普通に買えます。)

アメリカ株デビュー

 

あのアップルですら、1万4千円程度で1株購入できます。(2021年2月現在)

おなじみ、ファイザーは3900円程度。

勉強程度に、5株かったアップルが、13000円→14000円になりました

 

そして、日本株と比較すると、米国株は常に上がり続けているので、上がっている株を買えばそのまま上がりやすいです。

 

少しの自己投資で、調剤室から世界を見渡せる視野を広げることができるので、お勧めです。

 

注 投資は自己責任でお願いします。(お決まりなので記載しておきましょう。)

 

 

サイト