意外と知らない 市販医薬品

【驚愕!】耳鳴り治療薬 ナリピタン 落とし穴! 売ってはいけない!?

 

 

今回はちょっとあおり気味のタイトルです。

決して【ナリピタン】が悪いという記事ではありません。

いままでのナリピタンと、今のナリピタンは違うという結論です。

薬剤師や登録販売者の方はぜひ最後までご覧ください。

 

 

耳鳴り治療薬の【ナリピタン】

以前 小林製薬から発売されていました。

 

 

耳鳴りが治るからナリピタン。

とってつけたような名前はいかにもという感じです。

もともとパビロギン(原沢製薬工業)という商品でしたが、販売権を取得した小林製薬がナリピタンと命名して販売していました。

 

市販される薬では、耳鳴り治療薬はパピロギン(原沢製薬)しか存在しませんでした。

ある種、唯一無二のOTCでした。

パビロギンじゃ売れないよね。うちら小林製薬がネーミングを変えれば大ヒットっしょ!

 

そんな小林製薬の社内会議があったかどうかは分かりませんが・・・。

 

ナリピタン、小林製薬のネーミングにもかかわらずあまり売れなかったようです。

 

最近、元の販売元(原沢製薬工業)に販売権利が返却されたようです。

 

繰り返しになりますが、

このナリピタン、元は【パギロギン】という名称で販売されていました。

 

処方はこのような内容です。

パピロギン錠

●成分・分量
9錠中
ニコチン酸アミド 180mg、
カフェイン水和物 180mg、
パパベリン塩酸塩 45mg、
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) 90mg、
リボフラビン(ビタミンB2) 9mg、
クロルフェニラミンマレイン酸塩 18mg、
アロエ末 18mg、
アミノ安息香酸エチル 270mg

 

 

 

あまり売れなかったパビロギンも、天下の小林製薬のネーミングになればヒット商品となるのでは?

 

そんな期待ももろく崩れ、最近古巣の原沢製薬工業に戻ってきました。

 

(古巣での会議 想像・・・)

 

さすがにまたパビロギンじゃ売れなくね?

 

そんな話し合いがされたのかはわかりませんが、【ナリピタン】名称は小林製薬のものなので、原沢製薬では使えません。

 

そのため、新たにナリピタン改め、【ナリピット】と命名されました。

 

つまりこういうことです

パピロギンS

ナリピタン

ナリピット

created by Rinker
原沢製薬工業株式会社
¥1,851
(2022/10/08 01:39:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

処方内容は・・・・すべて同じです。

パピロギン錠 ナリピタン錠 ナリピット錠

●成分・分量
9錠中
ニコチン酸アミド 180mg、
カフェイン水和物 180mg、
パパベリン塩酸塩 45mg、
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) 90mg、
リボフラビン(ビタミンB2) 9mg、
クロルフェニラミンマレイン酸塩 18mg、
アロエ末 18mg、
アミノ安息香酸エチル 270mg

 

 

ここで一つ疑問が出てきます。

疑問

 

 

そうすると今小林製薬から販売される(2022/4/27発売予定)【ナリピタン】は何者か?

 

 

実は、小林製薬のナリピタン

今までのものとは処方を変えて名前だけ復活して販売されています。

 

口をおさえる

 

新しいナリピタンの処方はなんと・・・

 

当帰芍薬散です。

 

冷え性などで有名な当帰芍薬散、じつは耳鳴りに適応があります。

 

 

 

これから発売されるナリピタンは、当帰芍薬散

かつて販売されていたナリピタンは、

ニコチン酸アミド 180mg、
カフェイン水和物 180mg、
パパベリン塩酸塩 45mg、
チアミン塩化物塩酸塩(ビタミンB1) 90mg、
リボフラビン(ビタミンB2) 9mg、
クロルフェニラミンマレイン酸塩 18mg、
アロエ末 18mg、
アミノ安息香酸エチル 270mg

で、現在はナリピットと名前が変わっています。

 

 

 

ここからが、薬剤師、登録販売者の注意ポイントです。

 

薬局やドラッグストアで、ナリピタンありますか?と聞かれたときには注意が必要です。

 

昔のナリピタンを購入したい人は、ナリピタンではなくナリピットを選択しましょう!

created by Rinker
原沢製薬工業株式会社
¥1,851
(2022/10/08 01:39:30時点 Amazon調べ-詳細)

 

逆に、昔のナリピタンが効かなかった人には、新しくなったナリピタンをお勧めしてもいいかもしれません。

(2022年4月末 小林製薬より発売)

 

 

 

 

ちなみに、原沢製薬工業のパピロギンですが、耳垂れ用の外用薬(パピロギン 点耳)も販売していました。

現在は、パピナリンという名前になって販売されています。

created by Rinker
原沢製薬工業
¥1,815
(2022/10/08 02:44:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

パピロギンとナリピタン くっつけちゃいましたね!!

 

薬剤師や登録販売者の人は、ナリピタンを販売する時に、

今までのナリピタンを買いたい人→ナリピット(原沢製薬工業)

今までのナリピタンで効かなかった人→新しくなったナリピタン(小林製薬)

をお伝えできると良いと思います。